MS積み上げに見る、積上有効曲線の考察

SR+G3中がたくさんバザーに出ているので、
ここでの数値を基に、タイトルに掲げた、積上有効曲線を考察。

RankAandD

RankAandD_2(+4を追加11/11)

単騎、2機(+1)、3機(+2)・・・と11機(+10)まで入れてみました。
あいにく、4から10が無いのですが、累乗近似が最適です。
R2は、0.9992と高い説明度となっています。

この累乗近似曲線の上方のモノは、単騎からの増加分を
単純に積み上げたMSの数で割り算しているだけなので、
増加効果の大きい、数の少ないころの数値に引っ張られます。

ですので、各数値の差分のみから求めた、下方にある、累乗近似曲線
をみるといいです。これから類推するに、
+9から+10になる時の増加効果は攻撃、防衛それぞれで、
3000程度にまで落ちていると思われます。

このグラフから解ることとして、
カーブが急激に横ばいになる+7くらいまでは積み上げることがマストだと言えます。

広告